「苦手」ごはん克服へのコツ-1-

1歳児も後半になっていくと、苦手ごはんが出てきます。

早いうちから克服していくこと、そして苦手意識をもたせないよう

ママが工夫していくと、そのあとはとっても楽しくお食事タイムを

みんなで迎えることができます。

 

ママも一生懸命作ったご飯、おいしく食べてもらいたいですよね。

ちょっとしたコツで、苦手意識を克服できるんです。

 

【見た目の工夫】

見た目が「嫌い」な場合、細かく刻んだり、

かわいらしく飾ってあげることで、食べられるようになることも。

 

動物やお花に形とったり、顔をつけてみるのはどうでしょう?

 

普段のごはんが華やかになるだけで、気持ちも高まります。

楽しく食べられるのがいいですね。

 

【切り方の工夫】

野菜の切り方を変えるだけで、食べやすさも数段変わることも。

飲み込む力がまだ未発達な子供にとって、

小松菜やホウレン草など筋のある野菜は

食べにくいものなのです。

 

子どもでも飲み込みやすく、筋を細かく切ることで、

嫌いを克服できることもあります。

 

好き嫌い






CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008