「苦手」ごはん克服へのコツ-2-

苦手ごはん克服には、

・見た目の工夫

・切り方の工夫

から入っていくことが多いと思います。

 

さてそのほかに、どのようなコツがあるのでしょう?

 

【味付けの工夫】

味の薄い食べ物、たとえばキャベツなどは、

味をしっかりしみ込ませることで、

おいしく感じられるようになるもの。

 

子どもの好きな甘い味付けにするのもいいでしょう。

 

【下ごしらえの工夫】

ネギやピーマンなど、辛みや苦みを感じる野菜は、

調理をする前に下ごしらえを。

火を通すことで、味が和らぐんですよ。

 

他にも湯通しや下ゆでをするといった、

ちょっとしたひと手間を加えることで、グッとおいしさが増し、

スムーズに食べられるようになることもあります。

 

好き嫌い






CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008