「苦手」ごはん克服へのコツ-3-

苦手ごはんを克服するために、いろんな工夫をしている

ママも多いことでしょう。

見た目や切り方、味付けや下ごしらえ……

 

いよいよ最終手段の登場です。

 

【調理の工夫】

子どもが嫌いな生野菜のシャキシャキ感。

これをなくすために、炒めてしんなりさせている。

という方も多いようですが、

実は野菜炒めはこのシャキシャキ感が残りやすいんです。

 

そのため、子供にとっては食べにくい料理。

なので、野菜は炒めるよりも「煮る」ほうがいいんです。

 

煮ることによってやわらかくなり、そのうえ味がしみ込み、

食べやすさもよりアップします。

 

【それでもだめなら……】

あれこれ手を尽くしても、どうしても苦手ごはんを

克服できない。

 

それならば、同じ栄養素の食材で代用してみる

というのもひとつの手です。

 

嫌いなものを無理矢理食べるのは、大人だってツライもの。

代替食材は何だろう?という知識を身につけておくと

これから大きくなっていっても、役に立ちますよ!

 

好き嫌い






CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008