おやつは食事の一環

1歳児は離乳食完了期となってはいるものの、

まだまだ消化器官は未熟。

一度にたくさんは食べられない子が多いです。

 

3度の食事だけでは栄養補給も十分ではないので、

おやつも栄養補給の役割を果たす、

つまりは食事の一環として考えることが必要です。

 

「おやつ」=「甘いもの」と考えてはいけません。

 

クッキーやジュースを与えるのではなく、

でんぷん質を多く含むイモ類や穀類を主体として

カルシウムや鉄分などのミネラル、ビタミンをプラスした

手作りおやつを食べさせてあげましょう。

 

手作りのおやつなら、甘さだって控えられますし、

かみごたえの調節もできます。

 

食事と食事の間におやつ時間を設け、毎日同じ時間に食べるようにしましょう。

1歳になれば牛乳OKになりますので、数回に分けて

1日に300~400ml飲むようにします。

牛乳もおやつと一緒にとるとよいでしょう。






CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008