'."\n";?> しつけとして伝えたいこと : 1歳児.jp

しつけとして伝えたいこと

「お友達のおもちゃを使うときは「貸して」って聞いて

「いいよ」って言ってもらったら使うんだよ」

 

「道路に出る時は、右・左を見てから渡るの。

車が来ているかもしれないからね」

 

しつけの面から、その時どうするべきかを伝えることが必要です。

 

とはいえ、まだまだ聞きわけがよろしくない1歳児。

頭で考えるより先に、関心や興味が先。

同じことを何度も何度も繰り返してしまいます。

 

「今のはどうするんだっけ?」

「ちゃんとお話したよね」

を繰り返すうちに、”やっていいこと”と”やってはいけなこと”が

わかってきます。

 

子供はママの言葉がしっかりと聞こえています。

 

言葉がわからないからまだは早い。

なんてことはありません。

1歳児の頭の中に、心に体にしっかりと浸透していくまで、

普段から折につけ、しつけの言葉を伝えていきましょう。

 

伝えなければならないことは、きちんと伝えていく。

これは1歳児であっても2歳児であっても同じこと。

ママも毅然とした態度でしつけに臨んでください。

 

1歳児 しつけとして伝えたいこと






CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008