じょうぶな歯は1歳から

いまやおとなだけではなく、子どもの病気でもある歯周病。

 

歯肉炎は放っておくと歯周病になり、

やがてはがぬけおちてしまう可能性もあるそうです。

 

歯周病の子どもが増えている理由とは、

子どもが食べているやわらかい食べ物が、

歯にくっつきやすく、歯垢ができやすいためなのだとか。

 

歯ぐきと歯のプラークコントロールを

小さいうちからスタートしたいですね。

 

歯が抜け落ちてしまったら、かむことができません。

 

かむことができなくなると、

唾液の分泌が不十分になってしまいます。

 

すると口の中は酸性に傾いてしまうため、

虫歯ができやすくなるのです。

 

子供の歯を虫歯や歯周病から守るために大切なのは、

かむ力をつけること。

 

歯が生えてくる1歳児から、しっかりとかむことを教えてあげて。

 

下あごを動かしているか確認をして、

うまく噛んでいないようでしたら様子を見て、

歯医者さんにも相談してみましょう。

 

1歳児






CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008