'."\n";?> 体の発育と連動させてスムーズにしつけ : 1歳児.jp

体の発育と連動させてスムーズにしつけ

1歳児に対するしつけを、もっと大きいこと同じようにしようと思うと

かなり大変なこと。

 

でも体の発育と連動させると、スムーズにできます。

 

1歳といえば、やっと1人立ちができるころ。

もう少しすれば動きも自然になりますし、階段の上り下りもできるようになります。

そして同じ年代の子供に接したいという行動や、

ほしいもの、嫌なものといった意思表示も少しずつ出てきます。

 

まず1歳のしつけとしてのスタートは、哺乳瓶からの卒業です。

コップで飲む習慣づけも始めたいですね。

それから今まで大人がスプーンやフォークを使ってご飯を食べさせていたと思いますが、

少しずつ自分で食べられるようにしていきます。

 

また、洋服を着る・脱ぐことを認識させるのも1歳児のしつけ。

手はどこに入れるのか、ズボンやスカートはどうやってはくのか、

口に出しながら説明をしてあげましょう。

 

1歳児になるとお昼寝の回数も1日1回になってきます。

時には疲れて2回することもありますが、徐々に早寝早起きの習慣づけを。

ただし無理に寝かせようとするとグズってしまい逆効果。

のんびりと叱らずに行っていきましょうね。

 

さて気になるのがオムツ外し。

1歳の時にオムツを外そうと必死になる方もいるかもしれません。

子供によっては1歳の時に簡単に外せる子もいますが、

なかなか外れない子もいます。

 

ダラダラとオムツ外しをするよりは、余裕をもってしつけていく方が

お互い負担は少ないものですよ。






CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008