偏食に困ってます

偏食の子は困りものです。

かたくなに拒否する姿に我慢ならず、口をこじ開けて

無理矢理食べさせたりしてませんか!?

 

偏食にも2タイプあり、見かけ上の偏食タイプと

本当の偏食タイプです。

 

見かけ上の偏食タイプは、好きなように食べさせると

自分の好きなものに偏って食べているケース。

いわゆる食わず嫌いです。

 

このタイプは、栄養分布から考えると、

栄養の偏りは少なく、自然とチャレンジするようになり、

好みも変わっていきます。

 

本当の偏食タイプは、かたい・臭いがいや・熱かったなど

不快な経験と結びつくものを食べなくなっているケース。

 

このタイプには、子供を納得させて食べさせるようにしてください。

 

家族や友達と食卓に着く、好きなものと少しずつ取り合わせる、

見た目にわからないように調理するなどして食べさせ、

食べたらほめるようにしてみます。

 

こうなった理由の一つには、離乳が遅れて

いろいろな食べ物の舌触りや味に慣れておらず、

決まったものしか口にしないことが考えられます。

 

偏食は徐々に直っていきますので、長い目で見守ってあげることも必要。

原因を探ることからスタートしましょう。

 

楽しい食卓環境の中にも、子供のわがままに対してきちんとけじめをつけることも

大切だと思います。

 

1歳児好き嫌い






CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008