叱るときのお母さんの心<1>

子どもを注意しようとしているとき、お母さんの心では

どのような気持ちが動いているのでしょう。

 

気にかけたこと、ありますか?

 

自分では見落としがちなこの感情。

子どもは感覚的に、お母さんの気持ちを肌で感じているのです。

そのため、1歳児のしつけを行っていく際には

気をつけていきたいポイントだと言えるでしょう。

 

◆危険な状況を発見した時

あ、あぶない!

どうしよう、大けがをしたら…

命が危ない!?

どうしてこんなことに……

 

こういうとき、不安な気持ちと思いがけない怒りで

お母さんの心の中がいっぱいになっているのではないでしょうか。

 

その裏側には

「我が子を危険から守りたい!」

とい強い思いがあるはずなのですが、

別の感情に支配されてしまうものなのです。

 

◆お友達とのトラブルがあった時

勝手に持ってきたらダメでしょ

なんでこういうことをするの!?

 

お母さんもびっくりしてしまい、どうしたりいのかわからず

動揺してしまうものです。

 

◆買い物に行った店先で、物を持ってきてしまった

これじゃ泥棒だわ

なんてことをしたの!?

勝手に物を持ってきたらダメでしょ!!

 

お母さんも思いがけない衝撃と動揺で、頭の中が

真っ白になってしまうことが起きるのではないでしょうか。

 

まずはこういったびっくりの反応、動揺してしまう気持ちが

起きてしまうのは当たり前であると受けとめて、

まずはそれをいったん置いておきましょう。

 

そして「なんてことをしたの!」という気持ちから

「どうやって子どもに伝えたらいいのだろう」

と子どもに目を向けてみませんか。

 

1歳児






CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008