夜になかなか寝てくれない

ベッドに入っても、お父さんの帰宅の気配を感じると

ぱっと起きだしてしまうことも……。

 

寝つきが悪いのは、日中に十分動いていない証拠だと

考えられています。

 

まずは布団に入るのを30分早めてみて。

そして寝るのが楽しいことだと思わせるための工夫も必要。

 

寝ることへと気持ちを切り替える、睡眠儀式を活用して。

寝る前に楽しい睡眠儀式を習慣化していくのです。

 

絵本を読んであげる、戸締りを一緒にする、

明日のすることを相談するなど、どんなことでもOK。

 

寝る前に子どもが「楽しい!」と思えることを繰り返し、

眠るのは楽しいという気分に転換させます。

 

帰宅の遅いお父さんに時も協力を得て。

子どもとのコミュニケーションも大切ですが、それ以上に

子どもの発達に欠かせない睡眠のほうが大切。

 

親の睡眠軽視は子どもへの被害となります。

お父さんもお母さんも、睡眠時間を早めるよう

心掛けが必要になります。

 

1歳児






CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008