夜型にならないように

年々、夜型ベビーが増えているといわれています。

ある保育園で、1歳半の幼児を対象に

調査をしたことがあるそうです。

 

その結果、就寝時刻が夜10時以降になる

と答えた子が、約半数もいたそうです。

 

忙しいパパ、ママの「大人のリズム」に

子供が巻き込まれていることが、ひとつの原因。

 

「生活リズム障害」は、不登校の原因ともいわれています。

 

この時期の生活習慣作りは、

夜更かし習慣をつけないためにも、非常に重要なのです。

 

早寝習慣をつけるためには、昼にはとにかく日光にあたり、

身体を動かすことです。

 

夕方は可能であれば18時ごろにお風呂に入れてあげましょう。

 

それから、パパの帰宅時間が遅いと

子供の就寝時間も乱れがちになるそうです。

 

子どもはパパと遊ぶのが大好きですから、

帰ってくるのを待っている子が多いようです。

 

出来る限り早く帰ってきてもらうか、

朝少し早起きして、お目覚めタイムに遊んでもらうなど

工夫をしてみましょう。

 

1日の終わりを20時前に設定してスケジュールを立ててみて。

自然と早寝早起きになりますよ。

 

1歳児






CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008