子どもの好き嫌いごはん

子どもの好き嫌いには、いろんな理由があるといわれています。

 

「好き」であればもちろんOKなのですが、

好きなものばかり食べているのも、栄養的に偏りができますし、

いろんな食べ物に挑戦する機会がなくなってしまいます。

 

「嫌い」についてはどうでしょう。

「好き」よりも、理由はさまざま。

 

たとえば見た目での色、食べた時の味、

食感、飲み込みにくさ……

いろいろあるようです。

 

これは子どもの身体が未発達なためにおこるものだったり、

”気持ち的”に好きになれない、などによっているのですね。

 

その苦手を理解することで、食卓の彩りや味付け、

見た目なども変わっていくのではないでしょうか。

 

どんな「苦手」ご飯にもきく調理法。

あったらいいですよね。

でも現実には「ない」んです。

 

子供の気持ちや発達に合わせて、ママもお料理を「楽しんで」

作ることが一番なのではないかな、と思うのです。

 

好き嫌い






CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008