意思の伝達・自立と自己主張…1歳児ってすごい!

自分の知っているもの、たとえば自動車や犬を見つけると、

大きく感動をします。

そんな感動を大人も共感し、受け止めてあげましょう。

 

「ワンワン」と指差し伝えるのは、大人と気持ちを伝え合いたいから。

「かわいいワンワンだね」「大きいワンワンがいたね」

共感は、1歳児の物事への認識と感動の体験を確かなものにします。

それが次への成長へつながっていくのです。

 

それから、今までは大人にやってもらっていたこと、

服を着る、手を洗う、スプーンで食べるなどの日常生活を

自分の力でしたがるようになります。

 

その意欲を受け止め、自分でやってみる気持を大事にしながら

サポートをしていきます。

そんな大人との共同生活の中で、少しずつ自立をし、

自分でできることを増やしていくのも1歳児なのです。

 

気をつけなければいけないのは、自分でやろうとしているのに、

大人が一方的にやってあげないこと。

そんな時は拒否したり、抵抗したりします。

自分の意図に反したり、思い通りにならないと反抗し、

自らの感情や意志で行動するようになります。

 

赤ちゃんからの脱皮が始まる1歳児。

スゴイ能力を秘めているのですね。






CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008