成長著しい1歳児なんです

歩けるようになり、道具を使えるようになり、

言葉を話せるようになってくる1歳児。

 

能力をいかんなく利用して、新しい世界へ一直線。

何でも自分でやりたい、触ってみたいという意志も強くなる一方、

禁止されるとひっくり返って泣いたり、

叩いたりして怒りを表現するようにもなります。

 

このように片時も目が離せないのが1歳児なのです。

 

起きているときは身体を動かし、周辺探索。

新しい刺激を求めて目標も次々変わり、

落ち着きなく見えてしまいます。

 

まだまだ自分をコントロールできないため、

「止まって!」と言われようとも止まることはないし、

「やめなさい!」と言われてもやめられず、

周りを見回すこともできないです。

 

さらには自己中心的で、2人で遊んでいてもそれぞれが1人遊びしている状態。

自分の物も人の物も”自分の物”なので、おもちゃの取り合いは日常茶飯事。

友達が泣いても平気な顔。

トラブルが絶えません。

 

なんだか散々なイメージの1歳児なのですが、

運動・言語・感覚の発達が著しく、自立が始まる1歳児。

大人からのしつけを受け、社会化への第一歩を踏み出す

大切な時期でもあるのです。






CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008