歯磨き好きになってもらいたい<1>

いつまでも歯磨きイヤイヤでは困りもの。

最終的に困るのは、子供自身です。

 

楽しく歯磨きに向き合ってもらうためには

どのようにしたらいいのでしょうか?

 

そのためには、まずはいつでもお母さんが笑顔でいること。

それによって

歯磨きは怖くないんだ

お母さんが笑っているのだから、楽しいものに違いない

 

と子どもが警戒心を解くきっかけになるのです。

 

それをしたうえで、他に併用してみてはいかが?

ということをいくつか紹介したいと思います。

 

【お母さんの歯を磨いてもらおう】

大人が子供の歯を磨く。

これは一般的なことですが、

時には子どもにお母さんの歯ブラシを渡して、

歯磨きごっこをしてみては?

 

初めは自分で磨いてもらって、交代で仕上げ磨きをするなど、

歯磨き自体を楽しい遊びにしてしまうのです。

 

子どもは使命感を感じると、俄然張り切るもの。

歯磨きだったそうなのです。

 

最初は加減が分からないので、一緒に歯ブラシを持って

磨いてもらいましょう。

 

「交代しよう」と子どもの歯を磨いてあげると、

やってあげた満足感で、すんなりと口をあけてくれるものです。

 

1歳児






CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008