'."\n";?> 生活リズムの基本としての睡眠 : 1歳児.jp

生活リズムの基本としての睡眠

<運動>と<食事>と<睡眠>

この3つの生活リズムの中で、発達や成長に欠かせない

「基本のき」といえるのが睡眠。

 

なぜならば、夜眠らないと成長ホルモンの分泌が止まり、

骨の形成がなされず、脂肪燃焼やたんぱく質の合成が阻害され、

筋肉も成長しないためです。

 

なにより、睡眠をとらないと脳神経系が成長しません。

それに脳が休息できないと免疫機能は低下し、

心肺機能や自律神経の成長発達がなされないのです。

 

しっかりと眠り、はっきりと起きて活動をしていること。

これが身体と脳の発達のためには

この両面が必要なのです。

 

もちろん眠らない、という人はいません。

その眠りが量、質ともに十分なものであるかどうかが

問題になっていくのです。

 

1歳児






CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008