睡眠不足の現象

大人の人の中には、昼食後に居眠りをしてしまう、

電車に揺られるとついついウトウトしてしまう、

という方もいますよね。

 

これは全て睡眠不足が原因だと考えられています。

 

休日に長時間寝てしまうのは、他の日の睡眠時間が

不足しているため。

毎日の睡眠時間が足りていれば、こういうことは起きないのだとか。

 

1歳児の睡眠習慣は、発達を促すために重要。

 

さらに成長をして幼稚園や保育園に行き出す時期に

多大なる影響を与えてきます。

 

4~5歳の時期は、前頭葉と知識の発達に大切な時期。

子どもが健やかに順調に発達・発育するためには、

日中の活動を確保することが重要になります。

 

そのために必要な睡眠時間は11~13時間。

夜9時に寝て、朝7時に起きる子でも1時間不足になります。

 

夜8時になるのが難しいようなら、5歳児になっても

1時間の昼寝が必要ということになります。

 

大人も7~9時間の睡眠が必要なのだそうです。

これからも、大多数の日本人は大人も子供も

睡眠不足状態にあるといえるでしょう。

 

1歳児






CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008