虫歯のダメージを知ろう

歯磨きにはいろいろな効果があります。

それを虫歯のダメージから見てみると、

その意味がよくわかるかもしれません。

 

◆永久歯の形成不全

ひどい乳歯の虫歯によって根に膿の袋ができてしまうと

次に生える永久歯に影響が起こる

 

◆発音が上手く出来なくなる

歯が抜けると発音にも影響が出るので、

言葉の発達面で子供自身が困る

 

◆食べ物がかめなくなる

痛みのため、おいしいものもかめなくなる

 

◆偏食・食欲不振

歯が痛くてかめなくなるので、偏食や食欲不振という

食への影響にもつながる

 

◆永久歯の位置・時期の異常を招く

あまりにも早く乳歯がぬけると、永久歯がいつどこで生えればいいのか

分からなくなってしまう

 

◆抵抗力の減弱

口の中に炎症があると、抵抗力が下がってしまう。

全身疾患がある場合に発熱や皮膚炎が起こるなどの影響が。

 

このように歯磨きは身体の入り口として大切な役割を果たす

「口」の健康を守る、重要な役割をしているのです。

 

子どもの歯は大人と違ってもろく、乳歯のエナメル質の厚さは

永久歯の半分といわれています。

そのため、一度虫歯になると進行が早いという心配があるのです。

 

子どもが嫌がるからといって、そのまま放置しておくわけにも

いかないものなのです。

 

1歳児






CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008