1歳児絵本~言葉と吸収~

1歳児のように幼児期の子供は、よいことでも悪いことでも吸収できるものは何でも
吸収してしまいますし、したがっていると思います。
そして、吸収するのも速いのです。

何でも吸収してしまう1歳児のような幼児期に、読んであげる絵本選びは大切だと思います。

1歳児に読んであげる絵本の絵が、派手とか地味は関係ありません。
お父さんやお母さんから見ると地味な絵本に見えても子供は気に入ったりします。
反対にカラフルや派手なものは気に入らなかったりします。

言葉もどんどん吸収していきますので、絵本の中の言葉も大切だと思います。
1歳児のような幼児期の子供も楽しめる言葉などは
教えられることがなくても、自然とわかっているようです。

キャラクターものの絵本や仕掛け絵本などは、時々読んであげるにはいいかも知れません。
お父さんやお母さんも内容がだいたいわかるので、読んでいても安心だと思いますが
やはり1歳児には、よい絵本を中心に読んであげてほしいと思います。

よい絵本の絵というものは、絵の細かいところまで丁寧に描いてあります。
1歳児は、お父さんやお母さんの絵本を読んでいる声を聞きながら
絵本の中の隅々を見ているのです。
お父さんやお母さんより1歳児の方が、絵本の絵を知り尽くしているかもしれません。






CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008