'."\n";?> 1歳児の体の動きの発達 : 1歳児.jp

1歳児の体の動きの発達

1歳では、どのような体の動きがみられるのでしょう。

1歳~1歳半、1歳半~2歳という分け方でみてみましょう。

 

【1歳~1歳半】

この時期に歩けるようになる子がほとんどです。

早い子ですと、すでに走ったり、

低い敷居をまたぐこともできるようになります。

 

また、手の動きも発達するので、親指と人差し指の先で

小さいものをつまんだり、

手に持ったものを投げるようにもなります。

 

スプーンを使いたがったり、コップから水を飲むようになるのも

この時期です。

 

【1歳半~2歳】

歩ける距離がどんどん延びます。

敷居をまたぐのも支えが要らなくなったり、

歩きながら後ろを向くこともできるようになります。

 

平衡感覚が急速に発達するので、手すりにつかまって

階段を上り下りするようになったり、

しゃがんだり立ったりして遊ぶことができます。

 

指先の動きも細やかになるので、入れ物の中から物をつまみだしたり、

キャンディーの包み紙をむいたり、クレヨンのなぐり書きも始まります。

 

1歳児






CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008