1歳児への伝え方<1>

声をかけたり注意をしたりするときは、

たいていが子どもが思いもよらないことをした時では

ないでしょうか。

 

そんな時、いつもどのように接していますか?

 

好奇心旺盛、善悪の区別がまだない1歳児には

このように接してみてはどうでしょう。

 

◆緊急時はストップ

人に迷惑をかけるとき、飛び出した時

何においてもまずはストップをかけてみます

 

◆子どもの体を抱きしめて安心させる

ストップをかけても、子供自身は一体何が起きたのか

全く分からずに、ただ驚くばかりです。

 

「びっくりしたね」と、お母さんが気持ちを受けとめて、

スキンシップで安心をさせてあげましょう。

 

それだけで子どもは安心し、気持ちが落ち着きます

 

◆「今のは」を伝えてあげる

子どもが安心したところで、今、どのような状況だったのか

1歳児でもわかる言葉で説明をしてあげる。

 

ポイントはゆっくりとお話をしてあげること。

そうすると、言葉は話せなくとも心の中で今の状況の

イメージがおぼろげながらも広がっていき、

何が起こっているかがわかってくるものです。

 

1歳児






CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008