1歳児への伝え方<2>

◆「しつけ」として伝えなければならないことを伝えていく

 

まずはストップをかけ、スキンシップをとって安心させ、

今どうしてこうしたのかをゆっくりと伝える。

 

そうしたうえで、どうしたら良かったのか。

それをしつけの側面で伝えていくことが必要になります。

 

例えば、道路に出るときは右・左を見てからわたること、

お友達のおもちゃを借りるときは「貸して」と聞いて

「いいよ」と言われた使うこと。

 

1歳児だからまだ早い、ということはありません。

言葉は出ないけれども、お母さんの言葉はしっかりと聞こえています。

子どもの中に浸透をしていくまで、

普段から折につけて、繰返し伝えていきましょう。

 

とはいえども、1歳児ですから頭で考えるよりも

関心興味のあるほうに気持ちが行ってしまうもの。

何度も同じことを繰り返してしまいます。

 

「今のはわかるよね?」

を繰り返すうちに、子どもの中に徐々に

”やっていいこと””やってはいけないこと”が蓄積されていきます。

 

1歳児






CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008