メイン | 2007年06月 »

2007年05月 アーカイブ

2007年05月26日

絵本の時間~それは幸せな時間~

1歳児や子供との絵本の時間は、1歳児や子供にとってはもちろんのことですが
お父さんやお母さんにとっても、幸せな時間になっていくのではないでしょうか。

1歳児や子供との絵本の時間は、お父さんやお母さんの読み手の気持ちを落ち着かせ
1歳児や子供の気持ちを、嬉しさで一杯にしてくれるはずです。
1歳児や子供との絵本の時間は、少しの時間でもいいと思いますが、続けることは必要です。
少しの時間でも、幸せな時間は1歳児やお父さん、お母さんにも必要な時間だと思います。

お父さんやお母さんが、1歳児や子供の育児でイライラすることもあると思います。
しかし、1歳児や子供を抱っこしてそのぬくもりを感じたとき、イライラしていても
なんだかそのイライラや怒っていたことを忘れて、気持ちがあたたかくなりませんか。
1歳児や子供だって同じ気持ちになっていると思います。

1歳児や子供がお父さんやお母さんの膝にすわって、絵本を読んでもらっている絵本の時間
というのは1歳児や子供にとって、かけがえのない心の財産になると思います。
絵本の時間、それは幸せな時間なのです。

2007年05月28日

1歳児の言葉~絵本の中から~

1歳児の言葉は、1歳児が知っている言葉しか使えないのは、当たり前のことです。
お父さんやお母さんも自分が知っている言葉で話をします。

人間は、自分が知っている言葉の中だけで物事を考えたり、他人の話を理解したり
想像したりすることしかできないようです。
逆に、知っている言葉がたくさんあるということは、物事を考えるにもいろいろな考え方ができ
他人の話もいろいろな理解の仕方ができ、いろいろな想像ができるということになります。

知っている言葉がたくさんあるということも大事なことのひとつかもしれません。
しかし、1歳児に語りかけるお父さんやお母さんの言葉が1歳児の言葉のもとになるのですから
お父さんやお母さんの言葉が、乱れていないということはそれ以上に大切なことだと思いませんか。

言葉というものは、話している本人が気がつかないうちに、相手の心に響いてしまうときがあるのでは
ないでしょうか。

絵本の中には美しい言葉、優しい言葉、温かい言葉などたくさんの言葉があります。
1歳児との普段の生活で、お父さんやお母さんが使わない言葉も出てくると思います。
1歳児に、いろいろな絵本を父さんやお母さんの声で読んであげるからこそ
絵本の中の言葉は1歳児の心に響いていくのではないでしょうか。

1歳児の言葉は、絵本の中からも生まれます。

2007年05月30日

1歳児の絵本~類似体験~

1歳児の絵本は、赤ちゃん絵本の動物などから始まってだんだんと乗り物やたべもの世界
家族と友達の世界などが1歳児の目の前に現れてきます。
また、これからは、ファンタジーの世界や昔話の世界などが現れてくるのではないでしょうか。
お父さんやお母さんの膝の上にすわっていながら類似体験を経験することができるのです。

1歳児の絵本をお父さんやお母さんが読んでいるとき
1歳児の子供はその絵本の中に入り込んでしまっているのです。
そこで絵本の中と同じような経験をしているのです。
絵本の中の絵は動き、話をしているように1歳児の目には映っているのかもしれません。

核家族化が進んで、お父さんやお母さんと子供といった家庭が多いのではないでしょうか。
1歳児もお父さんやお母さんとだけの小さな集団の中での生活になりやすくなっています。
1歳児のようにまだ社会の経験が少なく、交流できる人がまわりに少ない場合などは特に
1歳児の絵本をとおして、類似体験をすることは、1歳児には必要な経験ではないでしょうか。

1歳児の絵本で、お父さんやお母さんの膝の上にすわって
いろいろな類似体験を経験することによって、1歳児のこれからの生きる力や生きる知恵などへと
自然とつながっていくのではないでしょうか。

2007年05月31日

1歳児絵本~興味~

1歳児や幼児が絵本に興味を示さないといわれる、お父さんやお母さんが
時々いますが、大丈夫です。
1歳児でも誰でも、子供ならみんな絵本は大好きなはずです。
大人でも絵本が好きな人もいるくらいですから、要はそのきっかけを見つけることです。

テレビなどがついていると、1歳児はどうしてもそちらに気をとられてしまいます。
食事などのときもテレビがついていると、食事よりテレビのほうが気になるのは
仕方のないことです。
1歳児が絵本に興味を示すきっかけとして、静かな生活も必要なことのひとつかも知れません。

膝の上にすわってくれるように、普段から別に用事がなくても抱っこしたりするなどの
スキンシップが大事なのではないでしょうか。
お父さんやお母さんにぎゅーと抱きしめられて、うれしいと思う1歳児がほとんどで
いやだと思う1歳児などいないと思います。

1歳児や幼児だけではなく、初めて絵本に出会うのでしたら
動物、たべもの、乗り物などの絵本が大好きですので、ここからはじめるのがいいと思います。
また、1歳児や幼児の一番好きなものが描かれている絵本でしたら
興味を示してくれのではないでしょうか。

まずは焦らず、お父さんやお母さんが、1歳児との絵本の時間を楽しむことができるかどうかが
大事だと思います。
お父さんやお母さんが幸せな気持ちならば、1歳児だって幸せな気持ちになります。
そして、1歳児の興味のなかった絵本の時間は、幸せの時間になります。

About 2007年05月

2007年05月にブログ「1歳児.jp」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

次のアーカイブは2007年06月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。