« 2009年07月 | メイン | 2009年09月 »

2009年08月 アーカイブ

2009年08月20日

小食が心配

飲まない、食べないとママも心配。

1日に一口も飲まない食べない状態ですと、

本当に心配な状況となるのですが、

そうでなければ発育状態を確認してください。

 

順調に発育し、栄養状態も良ければ問題はないでしょう。

 

やせ気味の子、体格が小さい子に対し

”食べないから小さい”と考えてしまいがち。

しかし幼児期の体格は、思春期までそれほど変化はありません。

 

体型はそのままで成長をするのですから、

「食べないから小さい」ではなく

「小さいからあまり食べなくてもよい」

と発想の転換をしてください。

 

車に例えるならば、ダンプカーと軽自動車。

ガソリンの必要量は全然違いますよね。

考え方としては同じことです。

 

ただし病気に伴う栄養不振は、子供が発するサイン。

今までたくさん食べていた子が食べなくなり、

活発さもなくなり、顔色が悪いようですと、

心の病気、体の病気が原因かもしれません。

 

1歳児食事

偏食に困ってます

偏食の子は困りものです。

かたくなに拒否する姿に我慢ならず、口をこじ開けて

無理矢理食べさせたりしてませんか!?

 

偏食にも2タイプあり、見かけ上の偏食タイプと

本当の偏食タイプです。

 

見かけ上の偏食タイプは、好きなように食べさせると

自分の好きなものに偏って食べているケース。

いわゆる食わず嫌いです。

 

このタイプは、栄養分布から考えると、

栄養の偏りは少なく、自然とチャレンジするようになり、

好みも変わっていきます。

 

本当の偏食タイプは、かたい・臭いがいや・熱かったなど

不快な経験と結びつくものを食べなくなっているケース。

 

このタイプには、子供を納得させて食べさせるようにしてください。

 

家族や友達と食卓に着く、好きなものと少しずつ取り合わせる、

見た目にわからないように調理するなどして食べさせ、

食べたらほめるようにしてみます。

 

こうなった理由の一つには、離乳が遅れて

いろいろな食べ物の舌触りや味に慣れておらず、

決まったものしか口にしないことが考えられます。

 

偏食は徐々に直っていきますので、長い目で見守ってあげることも必要。

原因を探ることからスタートしましょう。

 

楽しい食卓環境の中にも、子供のわがままに対してきちんとけじめをつけることも

大切だと思います。

 

1歳児好き嫌い

About 2009年08月

2009年08月にブログ「1歳児.jp」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年07月です。

次のアーカイブは2009年09月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。