« 2010年05月 | メイン | 2010年07月 »

2010年06月 アーカイブ

2010年06月07日

おみそ汁のとりわけ方法-2-

1歳児のおみそ汁は、まだ大人と同じものはNG。

塩分が多すぎますからね。

 

おみそ汁のとりわけ方法-1-で作り方を紹介しました。

注意しなければならないのは、天然素材のみのだしを選ぶこと。

 

おみそ汁が出来上がったら、子ども用の汁と具にとりわけます。

 

離乳食初期~中期ではとりわけの際に、

汁はおみそ汁の上澄みを使用します。

 

上澄みとは、みそを溶いた後しばらく置くとみそが下に沈殿します。

鍋の上のほうの透明な汁を上澄みといいます。

これをスプーンなどですくい、湯で薄めて使います。

 

後期以降、1歳になればみそ汁の汁をとり分けで使用します。

 

<みそ汁のとりわけ方法>

1.大根・にんじんを各3枚とりわけ、それぞれ半分に切る

ほうれん草は茎と葉の部分を各2枚とりわけて、縦横に刻む

 

2.みそ汁の汁を小さじ2とりわける

同量の湯で薄め、器にのせた1に加える

 

食事

2010年06月14日

1歳児みそ汁の具のバリエーション-1-

みそ汁の具は、買い置きの乾物や野菜などを

2~4種類組み合わせればOK。

あくのある野菜は下ゆでを忘れずに。

 

たんぱく質の素材をプラスすることで、栄養バランスも◎。

旬の野菜を使って季節感を出すのもいいですね。

 

<おうちにあるものにたんぱく質素材をプラス>

 

【にんじん・白菜・厚揚げ】

にんじんは煮えやすいように半月形に切ります。

白菜はせん切りにして、葉先部分をとりわけます。

厚揚げはみそ汁に入れると油分が浮きますので

油抜きをして。

 

【ほうれん草・ねぎ・ひき割り納豆】

普通の納豆を使う場合はみじん切りにしてから。

ひき割り納豆でしたら、そのまま使用OK。

ほうれん草は茎と葉の部分とりわけできます。

生のままみそ汁に加えるとアクが出るので、

ゆでて水にさらしてから使いましょう。

ねぎは、くたくたに煮てあれば食べられるのですが、

それでは大人がねぎの風味が楽しめないので、

無理してとり分けを考えなくてもいいですよ。

 

食事

2010年06月21日

1歳児みそ汁の具のバリエーション-2-

<おうちにあるものにたんぱく質素材をプラス>

 

【かぶ・かぶの葉・お麩】

かぶはとり分けしやすいように、薄いいちょう切りにします。

かぶの葉はさっとゆでて小口切りに。

お麩はとりわけたら刻みましょう。

お麩は野菜やみそとの相性も抜群ですし、

使い勝手も◎。

乾物なので保存もききますよ。

 

【豆腐・わかめ・じゃがいも】

豆腐とじゃがいもはとりわけ素材の定番。

おみそ汁では普通、木綿豆腐を使いますよね。

1歳児へのとり分けを考えると、口当たりが良くて柔らかい

絹ごし豆腐がお勧めです。

わかめはみじん切りにしてあげましょう。

 

食事

2010年06月28日

1歳児みそ汁の具のバリエーション-3-

<旬の素材を取り入れて>

★春★

【さやえんどう・玉ねぎ・にんじん】+卵

さやえんどうは筋をとり下ゆでをします。

みそ汁の玉ねぎは1歳児にとってはちょっとかため。

煮直すか、細かく刻んであげましょう。

卵は溶き卵にして十分加熱してください。

 

★夏★

【おくら・レタス・なす】

ちょっと意外な夏野菜みそ汁。

レタスは煮ると柔らかくなるので、とりわけみそ汁に向いてるんです。

なすはアクがあるので、みそ汁の具に使う場合は

塩水につけてアクを抜いてから、鍋に加えます。

とりわけたときに、皮をむいて刻んであげましょう。

おくらは種を取って、細かく刻めば食べやすくなりますよ。

 

★秋★

【さつまいも・えのきだけ・小松菜】

さつまいもはほんのり甘くて、大好きな子も多いでしょう。

小松菜は下ゆでしたものをみそ汁の具として使って。

えのきだけは細かく刻んであげたほうがいいでしょう。

 

★冬★

【かぼちゃ・白菜】+油揚げ

かぼちゃはいちょう切りにします。

皮はとりわけた後でフォークで切り落とせば簡単にできます。

白菜はやわらかい葉先の部分をとりわけますが、

シャキシャキ感が味わえる茎の部分も

細かく刻んでチャレンジさせるのもいいですよ。

油揚げは細かく切って与えます。

 

食事

About 2010年06月

2010年06月にブログ「1歳児.jp」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年05月です。

次のアーカイブは2010年07月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。