« 2010年10月 | メイン | 2010年12月 »

2010年11月 アーカイブ

2010年11月05日

1歳児の発達<12か月~1歳1か月>

同じ1歳でも、なりたての1歳ともうすぐ2歳の

1歳とでは、成長も発達も異なっています。

 

12か月~1歳1か月、つまりは1歳なりたての子。

どんな特徴があるのでしょう。

 

体つきは、身長が伸び体重があまり増えなくなるので、

スマートな感じになります。

 

個人差はあるものの、産まれて1年で

身長は約1.5倍、体重は3倍くらいになっています。

 

<立つ>

伝い歩きをしながらしっかりと自分の足で

立つことができるようになります。

また、バランスを取りながら歩く準備をしています。

 

<食事の量>

この時期は食事の量が偏りがち。

食べたり食べなかったり、その日によって食事の量が

違うこともよくあることです。

 

<歯>

上下に小さい乳歯が生えてきます。

多くの子は8本くらい生えるようですが、個人差があります。

 

<言葉>

赤ちゃん時代のように、泣くことで何かを要求することが

グッと少なくなります。

してほしいこと、ほしいものを動作や言葉で

伝えようとします。

 

<情緒>

喜怒哀楽の感情がはっきりしてきます。

反抗心、嫉妬心もめばえ、

気持ちを伝える努力を始めます。

 

1歳児

2010年11月10日

1歳児の発達<12か月~1歳1か月・2>

<歩く>

はじめの一歩はもうすぐそこにあります。

伝い歩きから、ときどき手を離してみてませんか?

 

2本の足で立ってバランスを取り始めるのが

おおよそ12か月ころだといわれています。

 

一人歩きを始めている子も、中に入ることでしょう。

 

ですが、運動機能には個人差があります。

まだ歩けなくても、立つことはできたのですから、

歩くことはもうすぐそこ、とおおらかに構えていましょう。

 

<かむ力>

離乳食が完了期に入り、顎をきちんと使って

しっかりをかむようになります。

味覚も発達して、好きなものを口に運ぶと大きな口を開けますが、

嫌いなものだと口を開けなかったり、横を向くことも…。

 

<卒乳>

まだまだおっぱいが恋しいころです。

無理をして卒乳をせず、ほしがったらあげましょう。

 

<遊び>

積み木を誰かに積み上げてもらい、

それを崩して遊ぶようになります。

自力で積み上げるのは、2個ぐらいでしょうか。

 

この時期の遊びは引っ張ったり倒したり、

動作を楽しむ遊びが多いようですね。

 

また、真似っこをすることで成長のステップが

また1段、上がっていきます。

 

この時期、なぜだか電話に興味を持つ子が多いようですね。

 

受話器を取ってみたり、電話がかかってくると

受話器を持たせてほしいとせがみます。

 

スプーンも使えるわけではないのに、

手に持って振ったりします。

 

大人がスプーンを持つ動作を真似しているのですね。

 

1歳児

2010年11月15日

じょうぶな歯は1歳から

いまやおとなだけではなく、子どもの病気でもある歯周病。

 

歯肉炎は放っておくと歯周病になり、

やがてはがぬけおちてしまう可能性もあるそうです。

 

歯周病の子どもが増えている理由とは、

子どもが食べているやわらかい食べ物が、

歯にくっつきやすく、歯垢ができやすいためなのだとか。

 

歯ぐきと歯のプラークコントロールを

小さいうちからスタートしたいですね。

 

歯が抜け落ちてしまったら、かむことができません。

 

かむことができなくなると、

唾液の分泌が不十分になってしまいます。

 

すると口の中は酸性に傾いてしまうため、

虫歯ができやすくなるのです。

 

子供の歯を虫歯や歯周病から守るために大切なのは、

かむ力をつけること。

 

歯が生えてくる1歳児から、しっかりとかむことを教えてあげて。

 

下あごを動かしているか確認をして、

うまく噛んでいないようでしたら様子を見て、

歯医者さんにも相談してみましょう。

 

1歳児

2010年11月20日

1歳児のお食事<12か月~1歳1か月>

いよいよ離乳食も完了期。

指で軽く押してつぶれるくらいのものが、

もぐもぐ・ごっくんできればOK。

 

離乳食完了期の基本は、かむ力をアップさせること。

やわらかい離乳食の中に、ちょっとがんばらないと

かめないものを入れておくのがファーストステップ。

 

これに慣れたら、徐々に大人が食べても

やわらかいな、と思うくらいの固さにステップアップしていって。

 

回数は3回が目安です。

 

そして大きな特徴の1つは、いままで離乳食に振り分けてきた

授乳タイムを取り外していく時期であること。

 

家族みんなで朝・昼・晩の規則正しい食事タイムを作り、

一緒に楽しく食べましょう。

 

とはいえ、一度に少ししか食べられない子、

食べムラがある子がほとんどなので、おやつタイムを活用。

 

チーズなどの栄養たっぷりなものをプラスして。

 

そろそろ食後の授乳はストップしてみては?

食事で栄養をしっかり取るよう心掛けて。

 

まずは哺乳瓶をやめ、コップやストローへ移行。

コップはそうたくさん飲むことはできないのでお勧めですよ。

 

1歳児

2010年11月25日

1歳児のお食事<12か月~1歳1か月・2>

離乳食完了期に入ったとはいっても、

食べてくれない時もあります。

 

どうしたらいいのか、悩んでしまうお母さんもいますよね。

 

そんなときは下の3つのポイントを考えてみて。

 

◆お友達とランチしてみよう

同じ月齢の子がいると、つられて食べた!

ということもあります。

 

お友達を招待してランチ会を開くのもいいですよ。

 

ママたちがどんな離乳食を作っているのか、

どんな作り方をしているのか、参考にもなります。

 

また離乳食だけではなく、育児に関しても情報交換できますね。

 

◆おなか、すいてる??

食事前にちょっとしたお散歩に出かけて、

おなかをすかせてみましょう。

 

また、意外や意外、

スプーンが口に合っているかも重要なポイントなんです。

 

大きすぎていたら、小さめのスプーンに替えてあげて。

 

◆ママも試食

冷蔵庫のにおいが移っていた、硬さが合わなかったなど、

子供が嫌がる原因があることも。

ママが食べてチェックをしてみて。

 

離乳食後期以降になると、柔らかすぎて食べてくれないことも。

 

口の周辺の筋肉が発達してくるので、

固形でないと食べにくい場合もあります。

 

まだ生まれて1年ちょっと。

これからどんどんおいしいものを食べて、

大きく成長していきます。

 

あまり神経質にならずに、大きく構えてあげましょう。

 

1歳児

2010年11月30日

1歳児の発達<1歳2か月~1歳3か月>

手指の機能がほぼ完成するのが1歳2か月~1歳3か月。

 

今までよりもさらに得意になってくるので、

上手におかしをつまんで、口に運んだりします。

 

おもちゃのピアノやオルガン、キーボードを指で叩く

その強さも、とっても力強くなっていきます。

 

また、骨格・筋肉ともしっかりしてくるので、

全身の機能も高まって、さらに行動的に。

ギッタンバッコンをして遊ぶのが大好きになるころです。

 

一人歩きがだんだん上手になるものの、まだまだ危うい感じ。

そんななかでも腕を前に出してバランスを取りながら、

足取り確かに歩く姿を見せてくれたり、

上手に安定を取って歩く子もでてきます。

 

精神的には自我が芽生える時期。

何でも自分でやりたがります。

 

とはいえうまくできるわけではないので、

かんしゃくを起こすことも。

でもこれも成長のあかし。

 

ママは一緒に興奮せずに、一歩引いて見守ってあげて。

 

一方で意味のある単語を話す子が増えていきます。

コミュニケーションとしての言葉を

覚えようとしていく時期でもあります。

 

1歳児

About 2010年11月

2010年11月にブログ「1歳児.jp」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年10月です。

次のアーカイブは2010年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。